●継続することを第一に考え、活動します
●人間を基本に考え、人の繋がりを大切にします
●自分たちが楽しむことを考えて活動し、その楽しさを周りに伝えることで楽しさの輪を広げます









●ハード面より住民の生活というソフト面でよりよい
まちを創造するという意味合いを込めての『創』を利用

「クラスタ」
元々の意味とは、英語で「房」を意味する。
それから転じて数個から数百個(場合によりそれ以上も 含める)単位での集まりのことを呼ぶ。(Wikipedia)

ここでのクラスタは…
●同じ思考をもつ人の集合
●一時的に発生することもある
●長期的に存在するものもある
●メンバーは生き物で、発生・増加・減少・消滅と常に変化していく
●参加しているメンバーが、クラスタに属している意識は低い




























●ハイウェイオアシスの有効活用
●町の皆にリユースの精神を持っていただきたい
●若い世代にもおもてなしの心を育てて生きたい

商売とは縁のない若者中心の住民グループが主催することにより、
商売と縁のない人々に、おもてなしの心を体感し、普段の生活に
生かしてもらいたいと考え2011年3月27日にスタート。











「3エコ運動(エコロジー、エコノミー、エコー)」が合言葉
エコロジー・・・地球に優しい
エコノミー・・・お財布にやさしい
エコー・・・そのような活動がどんどん人の気持ちに響き広がっていく、
また交流の輪が参加者の間で広まる。

フルチャリティーのフリーマーケット
売り上げの「一部」を寄付するチャリティーと は違い、利益のすべてを
公園整備の為、または 町内で町興しの為に活動している団体に提供したい!










・婚活サポート事業
・着物コンテスト企画
・学生×小布施会議参画

O.M.C 代表 山岸裕始(やまぎしひろし)